トータル・ディザスター


制作年: 2012年
本編時間:89分
原題: SEATTLE SUPERSTORM
配給:プライムウェーブ
レンタル開始時期:2013年6月
監督: ジェイソン・ボルク
出演:イーサイ・モラレス
オナ・グラウアー
ジャレッド・アブラハムソン
マッケンジー・ポーター



【観てない人向けの解説】
宇宙から飛来した物質の影響で気候が変動した!
謎の複合型災害がシアトルを集中攻撃する!
立ち向かうのは再婚間際のバラバラな家族!
ギクシャクした家族がハードな災害に直面してよりを戻すスペクタクル・ディザスター・パニック作品が誕生した!
これぞアメリカTVムービーの王道とも言える家族愛と災害の組み合わせ。
災害規模はハードだが描写としてはぬるく、心を痛めるような破壊や死はあまり描かれない。
観ていて安心感のある作品として仕上がっている。
描かれる災害は地震・竜巻・落雷・暴風といったもので、それらすべてが一斉にシアトルを襲撃する圧巻の展開となる。
驚くべきは原因が宇宙から飛来した謎の物質という点だが、これにも驚愕の真実が隠されていて見所となっている。
娘役のエコ大好き女子も可愛いという点は見逃せない。
全体的にご都合展開がフルパワーで既視感のある展開ばかりの映画ですが暇つぶしには最適です。
災害映画好きなら是非!


他所での評価はこのようになっています。参考にどうぞ。
  → Yahoo!映画
  → Filmarks


【予告編】
※日本版


※オリジナル版


記事を読む で映画を観た人向けのネタバレ感想レビュー!

■内容
 ▶【感想】
 ▶【オススメのレビュー紹介】


記事を読む →
スポンサーサイト

ゾンビ・サファリパーク


制作年: 2015年
本編時間:90分
原題: THE REZORT
配給:ポニーキャニオン
レンタル開始時期:2017年5月
監督: スティーヴ・バーカー
出演:ジェシカ・デ・ゴウ
ダグレイ・スコット
マーティン・マッキャン
ジャッサ・アールワリャ



【観てない人向けの解説】
ゾンビ世界大戦終結後の近未来!
荒んだ人々の心を癒やすためゾンビ狩りを楽しめるゾンビ・シューティング・アミューズメントパークが人気を集めていた!
しかしそのパークが何者かにウィルスをぶち込まれたことでセキュリティが破壊され管理されたゾンビたちが解き放たれ地獄絵図となる!
新設定のゾンビ・アトラクション・サバイバル・ホラー映画が誕生した!
素晴らしいです。
恐怖の対象とされてきたゾンビを射撃の標的にして楽しむという倫理的にアレなことが許される世界が実現しました。
放し飼いにされたゾンビたちを好きなだけ撃ち殺してストレス発散する施設という設定だけで最高。
しかし厳重に管理されたシステムが崩壊しゾンビが人々を襲いだすという展開はまさにゾンビ版『ジュラシックワールド』
しかも恐竜や猛獣と違って襲われた人はそこで終わりではなくゾンビになり敵の数が増えるという最悪の悪循環!
味方は減り、脅威が増える状況で退路さえなく、さらに爆撃の時間まで刻一刻と迫っていたという緊迫のシチュエーションが畳み掛ける。
これはおもしろい!
ゾンビの造形も完成度が高く、全力疾走するタイプも多く登場し、ゾンビの大群の数もかなりの人数となっています。
ゾンビ映画特有の人間ドラマは薄いですがパニック映画的なノリで楽しめる作品となっていました。
まさしくゾンビ好きは必見の案件です!


他所での評価はこのようになっています。参考にどうぞ。
  → Yahoo!映画
  → Filmarks


【予告編】
※日本版


※オリジナル版


記事を読む で映画を観た人向けのネタバレ感想レビュー!

■内容
 ▶【感想】
 ▶【オススメのレビュー紹介】


記事を読む →

アナライザー


制作年: 2016年
本編時間:87分
原題: INTERROGATION
配給:ニューセレクト
レンタル開始時期:2017年5月
監督: スティーヴン・レイノルズ
出演:アダム・コープランド
C・J・ペリー
ジュリア・ベンソン
パトリック・サボンギ
マイケル・ロジャース
エリカ・キャロル



【観てない人向けの解説】
人並み外れた記憶術を持つFBI天才捜査官!
完璧な計画と罠を仕掛けた天才テロリスト!
今、爆弾を巡って対決する!
天才VS天才の頭脳戦を描いたハイパーIQアクション映画がこちら!
天才VS天才の触れ込みの時点でおもしろくないはずがない。
しかもなんと主人公を演じているのはWWEプロレスラー。
つまりアクションシーンも意外と本格的なのもポイントです。
取っ組み合って殴る力技も得意だし、並外れた記憶力を駆使して推理するのも得意というハイブリッド型超人捜査官というのだ。
素晴らしい!脳筋野郎のようで天才というギャップが最高に素晴らしい!
シナリオ面では犯人との対話シーンではセリフひとつひとつが攻略のヒントとなっていて脚本の構成が見事です。
伏線回収も上手く天才と煽るには相応しい完成度をしています。
なぜ犯人は自ら出頭してきて、警察に挑戦するみたいなことをしてきたのか?真の目的はなんなのか?最後までわからずもどかしいですが、ラストには超衝撃的な結末と真相が待ち受けています。
本作はちゃんと最後に真相が明かされモヤモヤするまま終わるということが無いのも素晴らしい。
そしてこの映画のどんでん返しには期待してもいい!
絶対に騙される!
ほんとうにおもしろいオススメの作品です!


他所での評価はこのようになっています。参考にどうぞ。
  → Yahoo!映画
  → Filmarks


【予告編】
※日本版


※オリジナル版


記事を読む で映画を観た人向けのネタバレ詳細レビュー!

■内容
 ▶【タイトルの意味】
 ▶【ジャケットデザイン】
 ▶【冒頭の主人公のキャラ付け】
 ▶【主人公の能力】
 ▶【犯人との一進一退の攻防】
 ▶【犯人の狙い】
 ▶【クライマックスの衝撃的な展開】
 ▶【予測不可能な真相】
 ▶【感想】
 ▶【他のレビュー紹介】


記事を読む →

ロシアン・ブレイカーズ


制作年: 2013年
本編時間:92分
原題: SOLOVEY-RAZBOYNIK
配給:竹書房
レンタル開始時期:2017年5月
監督: イゴール・バラノフ
出演:イヴァン・オクロビスティン
イヴジェニー・スティシュキン
イゴール・ジジキン
オクサナ・ファンデラ



【観てない人向けの解説】
悪を殺す強盗団が大暴れ!
黄金の二丁拳銃で敵を撃つ!
まさしくロシア版『ルパン三世』とも言えるクライム・アクション映画が誕生した!
ということで民衆の支持を得るカリスマ強盗団の活躍を描いた本作。
ロシア版『ルパン三世』とは宣伝されてはいますが、キャラ立ちこそそれっぽいだけであって『ルパン三世』のイメージで観ないほうがよろしい作品かと思います。
なぜならチームでの仲間意識もあまり薄く、人を平然と殺すし、基本悪人ですからね彼らは。
そしてストーリーにも痛快さは微塵も無く、主人公たちがお宝や大金を狙って計画しているとかそういう話ではありません。
というか単刀直入に言えば、おもしろくありません。
見どころはそれなりにありますが、ストーリーはおもしろくありません。
そして見所というのは、クライマックスの戦闘シーンですね。
こちらは個人的にも最高に好評価な戦闘シーンでアイデアも見せ方も素晴らしかった。
それ以上に最も見どころと言えるのは、何を隠そう主人公の笑顔ですね(笑)
あまりオススメの映画ではありませんが主人公の笑顔だけでこの俳優さんが好きになる魅力だけはあるとおもいます!
それでもこの作品を気になっているなら自己責任でどうぞ。


他所での評価はこのようになっています。参考にどうぞ。
  → Yahoo!映画
  → Filmarks


【予告編】
※日本版
ありません

※オリジナル版


記事を読む で映画を観た人向けのネタバレ詳細レビュー!

■内容
 ▶【感想】
 ▶【 】


記事を読む →

ゾンビ・クロニクル2


制作年: 2011年
本編時間:88分
原題: ZOMBIE APOCALYPSE
配給:ニューセレクト
レンタル開始時期:2012年6月
監督: ニック・ライオン
出演:ヴィング・レイムス
タリン・マニング
ジョニー・ペイカー
ゲイリー・ウィークス
レスリー=アン・ブラント
エディー・スティープレス



【観てない人向けの解説】
ゾンビ・ウィルス蔓延で文明が崩壊した世界!
安全地帯を目指して突き進む生存者たちを待ち受ける感染者の群れ!
止まる事のない死闘が繰り広げられるゾンビ・アトラクション・ホラー映画の傑作が生まれました!
本作は最高なのです!
何故最高なのかといえば、それはもうゾンビをいかにしてぶっ殺すかだけを突き詰めた究極のゾンビ戦闘展開が終始繰り広げられるからです!
使用する武器は拳銃に機関銃、刀、ハンマー、弓矢、ボーガンと多彩な点も魅力です。
さらにゾンビの被ダメージ描写・部位破壊描写もCGを駆使して必要以上に派手に演出していて楽しいのです。
むしろ無双系ゲームの爽快感すら感じられます。
ゲームと言えば、本作の魅力としてストーリー展開がゲームっぽいということも見逃せない要素です。
主人公が場所を移動して仲間が増えて新しい場所で襲撃にあって戦って場所を移動して…というのを繰り返すゲームっぽいシナリオで非常にわかりやすい。
この映画の制作者は絶対に『バイオハザード』等のゾンビ・アクションゲームが好きな連中だと確信できる。
さらに敵も徐々に強くなっていってラストには親切にラスボスと思わしきクリーチャーも用意されています。
もう完全にシナリオ進行がゲームと同じ感覚です(笑)
そしてゾンビ映画としてみても定番の“籠城展開”がないことが斬新であります。
常に場所移動を繰り返している本作は人物間のドラマ要素さえも排されており、とにかくゾンビと戦うことに徹底した構成をしているのです。
こういうのが大好きな人にはたまらない映画でしょうね。
ほんとに楽しい作品で頭からっぽで観られる脳筋映画のようなお手軽さもかなり好評価です。
個人的にはかなり気に入ったこの映画、気になっているなら是非観てみてください。
ちなみにタイトルに2と付いていますが前作とは一切関係のない作品となっていますのでご安心を。


他所での評価はこのようになっています。参考にどうぞ。
  → Yahoo!映画
  → Filmarks


【予告編】
※日本版


※オリジナル版


記事を読む で映画を観た人向けのネタバレ詳細レビュー!

■内容
 ▶【ストーリー箇条書き】
 ▶【続編ではないタイトル詐欺】
 ▶【ストーリーのシンプルさが良い】
 ▶【ゲームっぽい構成】
 ▶【登場人物たちの目標】
 ▶【動物もゾンビ化する】
 ▶【武器が多彩でおもしろい】
 ▶【CGによる派手演出】
 ▶【感想】
 ▶【オススメのレビュー紹介】


記事を読む →

2017年5月からレンタル開始される新作未公開映画の紹介です。
※予告編を見たわけでもなく予備知識をあまり得ていませんので解説等も書いてません。
もちろん他にも新作はありますがあくまで自分が気になったものだけを羅列しています。
全17作品
記事を読む →